新型コロナウイルス感染症に関する経過報告

この度の当施設におけるクラスター発生により、利用者様及びご家族様、関係する多くの皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。

PCR検査の結果陽性と判明している利用者様及び職員の経過をご報告致します。

・感染が判明された利用者様 29名 (うち、3名入院中・4名ご逝去)
※ショートステイ利用者様1名が、ご家族様の希望により、行政からの条件(①PCR検査結果が陰性で発熱等の症状がない、②帰宅後2週間は全てのサービスを自粛、③家庭内においても感染対策を徹底、④同居家族が就労している場合は予め状況を職場に伝える事等)のもと、担当ケアマネジャーと協議した上で12/5(土)に帰宅されましたが、12/14(月)腰痛・発熱等の症状があり、PCR検査の結果、陽性と判明し入院されました。
※12月11日(金)ショートステイ利用者様の容態が急に悪化され、市内の医療機関へ救急搬送致しましたが、治療の甲斐なくご逝去されました。
※12月14日(月)施設で治療をしておりました入所者様がご逝去されました。
※12月16日(水)施設で治療をしておりました入所者様がご逝去されました。
利用者様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
・12月8日(火)以降は、施設内で新たな感染確認はなく、現在施設で生活されている22名の利用者様のうち10名は寛解されております。

・感染が判明した施設職員 12名 (うち、2名入院中)
入院している2名を除いた職員10名は、ホテルでの宿泊療養を終え寛解しております。

※寛解とは、一定の基準を満たし、他の人へ感染する可能性がない状態です。

【応援派遣】
・法人内部から4名
・法人外部から7名(12/10~16に2名、12/17~23に5名)

一日も早い収束に向けて職員一丸となって注力しておりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【連絡先】011-387-2556

新型コロナウイルス感染症に関する経過報告